白ニキビの治し方!早く治す方法を徹底解説!

白ニキビは薬で治る?

一回出来てしまと大量に出来てしまうことが多い白ニキビですが、炎症ができる前のニキビですので、
正しいケアで、比較的に早く治すことが出来ます。
ですが、薬を使ってより早く治したい・・と思われる方も多いと思うので、ニキビ薬やその他治療方法についてご紹介したいと思います。

 

白ニキビを治すとは

白ニキビは、ニキビの初期段階で、「閉鎖面皰(白色面皰)」と呼ばれ、皮脂や角質が毛穴に詰まって表面が塞がった状態です。
この段階では炎症を起こしておらず、詰まっている角質皮脂を排出することにより治せます。
また繰り返しやすいので、広がった毛穴を詰まりづらくして、新たな白ニキビを予防する必要があります。

 

 

白ニキビの治療方法

 

ニキビ薬のご紹介の前に、処方前に皮膚科ではどのような治療があるか、ご紹介したいと思います。
白のニキビの治療方法は、大きく三つあります。

 

  1. 面皰圧出(芯だし)
  2. ケミカルピーリング
  3. 外用薬

面皰圧出(芯だし)

面皰圧出とは、ニキビを潰すための器具(コメドプッシャー)で、毛穴に溜まっている角栓や、膿などを出す治療法です。

 

長所・特徴

  • 白ニキビの場合は、炎症がない状態なので出した時点で治ることがある

短所

  • 白ニキビより悪化していた場合、ニキビ跡になることがある
  • 毛穴に溜まったものをうまく出せていない場合、雑菌が入り悪化することがある

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布し、毛穴に溜まっている角栓などを溶かして除去する治療法です。

長所・特徴

  • 角質を除去し、ターンオーバーの正常化につながります
  • ニキビの悪化を防ぐ
  • ニキビ以外にもシミやシワ、たるみなど、あらゆる皮膚トラブルに効果あり

短所

  • 保険適用外の為、費用が高い
  • 複数回の施術が必要
  • 施術後に角質層が薄くなるので、十二分なケアが必要になる

 

外用薬

外用薬とは塗り薬の事ですが、ニキビ治療の際、処方されやすい薬は、ディフェリンゲルとトレチノインです。
各薬の長所・短所のついて、ご説明したいと思います。

 

ディフェリンゲル

長所・特徴

  • 毛穴を塞ぐ角質を除去してくれる効果
  • 即効性が高い
  • 赤ニキビや黄ニキビにも効果あり

短所

  • 副作用が出やすい(随伴症状)
  • 妊娠している人は使用不可

 

トレチノイン

長所・特徴

  • ピーリング作用|ニキビ・シミ・しわにも効果あり
  • 皮脂分泌を抑制
  • ターンオーバーの促進

 

短所

  • 保険適用外の為、費用が高い
  • 妊娠している人は使用不可
  • 副作用が少ないが、日焼け・保湿には十分に注意が必要

 

まとめ

初期ニキビの白ニキビは、早めの適切な治療を受けると比較的治りやすいニキビです。
だからと言って安易に、薬を使用することはおすすめ致しません。
筆者は、高校時代に処方された薬の副作用で、膿疱と言われる膿と血の塊が体に出来たことで、それからの5年間、毎年手術することになりました。※今も手術跡がありますが肌荒れは無事無くなりました!

 

その時の経験でわかったことは、どれだけ治療を受けても、乱れた生活習慣と、間違ったスキンケアをしている限り、一度悪くなったサイクルは簡単には治らないと言うことです。
ですので、もしクリニックで治療を受けられるなら、治療だけに頼らず、正しい生活習慣と、豆で正しいスキンケアを心がけてください。