白ニキビの治し方!早く治す方法を徹底解説!

白ニキビって、どんなニキビ?

白のニキビは、色のないニキビで、ニキビの初期段階のコトを指します。
色がなく「ブツッ」としているのが白ニキビで、額や、口の周りや、鼻の場合に大量出来る場合がありますが、
少量の場合は、よく見ないと気付かない場合が多いと思います。

 

白い「白ニキビ」と白い「黄色ニキビ」

同じように白いニキビでも、膿が溜まり白く見えているニキビは、「黄色ニキビ」といい別の種類になります。
白ニキビは、初期のニキビで特に痛みは同じ場所に何度も出来てしまうのが特徴です。

 

白ニキビの原因

毛穴に汚れや、皮脂が詰まってしまったことが原因です。
毛穴が詰まる原因としては、肌の乾燥や、食生活、生活習慣によりホルモンバランスの乱れにより、皮膚のターンオーバーがうまくいかないことにより、角質が硬くなる事が挙げられます。

 

また、もともと毛穴自体、細かく小さいので詰まりやすいのです。
その為、毛穴がある所には、どこでも出来てしまうので、洗顔やせっけんの洗い残しにも十分に気を付けましょう。

 

詳しくは【白ニキビの原因は?】で紹介しています

 

白ニキビを置いておくと・・

 

白いニキビを置いておくと、「黒ニキビ」⇒「赤ニキビ」⇒「黄色ニキビ」と発展していきます。
その結果、黄色ニキビは膿の溜まったニキビでがつぶれニキビ跡ができるなど、ニキビを繰り返す悪い流れになってしまう場合もあります。
その為、きれいなお肌を守るには、白ニキビが出来ずらい環境を作ることが大切です。

 

白ニキビ~まとめ

白ニキビは痛くなく目立たないので、気にせずそのままにされる方も多いと思います。

 

しかし、悪化させ赤色ニキビ、黄色ニキビにしてしまうと治すもの大変になるので、白ニキビの間にしっかりとケアをして治してしまうことをオススメ致します。

 

治し方については、【白ニキビの治し方!早く治す方法を徹底解説!】でご紹介しています。